企業行動指針

平成26年4月1日

Ⅰ.企業行動の基準

1.経営理念と使命の達成
 当社は、東北電力企業グループの一員として、また、地域社会の一員としての自覚を持って、「健全かつ公正な企業活動を行う」こと、「地域のお客さまのよりよい生活づくりに奉仕する」ことを使命とし、時代のニーズに即応したサービスの提供により、住宅やオフィスにおける生活支援を通して、豊かで快適かつ環境に優しい省エネ社会の実現に貢献してまいります。
2.お客さま満足の優先
 私たちは、商品やサービスをただ単に提供するのではなく、お客さまの立場になった仕事の進め方や価値判断をしてまいります。
3.法令の遵守と社会的倫理の尊重
私たちは、当社事業に関わる全ての法令と法の精神を遵守します。
私たちは、企業行動の決定に当たり、市場取引における公正なルールを遵守するなど、常に社会的倫理を尊重し、誠実に行動します。
私たちは、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的な勢力・団体に対しては、毅然とした態度で対応します。
私たちは、私的な活動においても、社会的倫理に従い誠実に行動します。
4.企業市民としての活動と地球環境への貢献
私たちは、地域社会の一員として地域発展への貢献やボランテイア活動に積極的に参加してまいります。
私たちは、地球環境保護のため、省エネルギーを推進するとともに、資源のリサイクルを図ってまいります。
私たちは、事業活動によって発生する廃棄物等については、適正な処分を行い自然環境の保全対策を講じてまいります。
5.個人情報の管理
 私たちは、業務上知り得た個人情報については、プライバシーを尊重し、漏洩などが起きないよう徹底した管理を行います。

Ⅱ.会社と従業員の関係について

1.オープンな企業風土と職場モラルの維持・向上
私たちは、一人ひとりが自発的に行動し、失敗をおそれず常に新しいことに積極果敢に挑戦できるオープンな企業風土づくりを推進します。
私たちは、公私のけじめをわきまえ、取引先などの関係を含め、私的な利益をはかることを一切行いません。
私たちは、「報告・連絡・相談」を確実に行い、職場規律の徹底とチームワークづくりに努めます。
私たちは、個人個人の人格や個性を尊重し、職場における差別や性的嫌がらせ等の発生防止に努めます。
2.安全と健康の確保
私たちは、作業従事者の安全確保に努めるとともに、安全と健康に関する法令などを遵守し、無事故・無災害を目指すとともに、健康な心と身体づくりに努めます。
私たちは、安全運転に徹し、交通事故防止に努めるとともに、適切な作業手順・環境整備の徹底を図り、公衆および現場作業における作業従事者の安全確保に努めます。

Ⅲ.経営トップ、管理職の対応

1.本指針の徹底
 役員および管理職社員は、本指針を率先垂範とするとともに、自らの役割として指針の徹底に努めます。 また、社内外の声を常時把握するよう努め、企業倫理の徹底を図ります。
2.経営トップの対応
 法令違反その他本指針に反する重大な事態が発生した場合は、経営トップ自ら問題解決にあたり、原因の究明、再発の防止に努めます。
 また、社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を遂行し、権限と責任を明確にし、自らを含め厳正な処分を行います。