• 「すぽっ!と電化リース」ってナニ!?
  • 特徴・内容
  • リース料金
  • お客さまの声
  • お近くのリース取扱店
  • 蓄電池システム

蓄電池システム

停電対策・災害時の備えに
蓄電池の導入をおすすめします!

蓄電池があれば停電になっても安心です!

災害などの停電に備える最大約24時間使用可能

家庭用太陽光発電の固定価格買取制度
終了のお客さまにオススメ!

太陽光発電+蓄電池で自家消費をふやして電気代を節約!

災害などの停電に備える最大約24時間使用可能

停電時のバックアップ範囲や
蓄電容量に合わせて7機種から選べます。

蓄電池ラインナップ特定負荷型

蓄電池ラインナップ特定負荷型

リース期間中は、無料修理が付いているので、急な故障でも安心です。
※Eライフが指定するメンテナンス範囲外やお客さまの過失による故障等は有償となります。

初期投資を抑えられる「毎月払い」と支払総額を抑えられる「一括前払い」から選べます。

料金例

「特定負荷型」と「全負荷型」は何が違うの?

特定負荷型:停電時、必要な電気を選んで使用できます。

キッチンやリビングだけなど事前にご指定いただいたエリアだけの電気を使用することができます。目安としては15~20Aまでの回路を選択いただけます。停電時にも電源をおとしたくない冷蔵庫や情報を得るために必要なテレビがあるリビングなど必要最低限の回路のみ停電時に使用できます。

全負荷型:停電時でも、ほぼいつもの生活ができます。

全負荷型なら停電時でもいつもと変わらず電気を使用することができます。ほとんどのご家庭のご契約が60Aもしくは10kVA相当ですので、エリアの制限なく、普段の使用状況と同じようにすべての部屋で電気が使用できます。

■全負荷のメリット●200V対応商品が多いため、停電時にもエアコン・電子レンジ・IH・エコキュートを使用できる●停電時も、いつもとほぼ変わらない生活ができる

蓄電容量を選ぶ目安はありますか?

計算式A(売電金額と売電単価を使った計算式)、または計算式B(売電量を使った計算式)でオススメの蓄電池容量の目安がわかります。

蓄電池の設置場所はどのくらいスペースが必要ですか?

屋内型はエアコン室外機1台より一回り大きく、屋外型は室外機2つより少し大きいサイズが目安です。
蓄電池には、屋内に設置するタイプと屋外に設置するタイプがあります。
容量にもよりますが、よく言われる目安としては、屋内型の場合は「エアコンの室外機1台よりも一回り大きい」、屋外型の場合は「エアコンの室外機2台よりも一回り大きい」空間が必要というものです。
以前に比べて蓄電池はコンパクト化、スリム化が進んでおり、ラインナップも充実しています。ご家庭のライフスタイル・使用量やお住いの状況に合わせて選びやすくなっております。

  • シミュレーションはこちら
  • パンフレットをダンロードしたい方はこちら